現在の介護環境|多くの人が利用するケアネットメッセンジャーの魅力

多くの人が利用するケアネットメッセンジャーの魅力

男の人

現在の介護環境

介護

公的施設と民間運営

日本における要介護者は年々増加しており、それに伴い介護施設も増えています。現在ではサービス付き高齢者向け住宅などが注目されるなど、介護施設は多様化され、介護者の状態で使い分けることが可能となりました。介護施設は特別養護老人ホーム、介護老人保健施設のように社会福祉法人や医療法人が運営している公的な施設と主に民間事業者が運営している施設に分かれます。公的な施設は低価格で入所ができますが、入所基準が高く、介護度が高い人や経済的な面が配慮されます。また、介護老人保健施設はリハビリが必要な方の入所が基本のため、長期の入所は難しくなっています。民間が運営している有料老人ホームは入所金においては公的施設よりも高いですが、空室の場所も多くあり、施設によっては即日入居も可能です。

用途に合った施設

介護施設は入所施設だけではありません。「デイサービス」「デイケア」等の通所施設、地域で暮らすための「サービス付き高齢者住宅」などがあります。また、入所施設でも認知症の方に特化した「グループホーム」介護はそれほど要さないが経済的な問題を抱える方のための「軽費老人ホーム」も存在します。サービス付き高齢者住宅は安否確認が基本で、住宅自体での介護サービスは行いません。一人暮らしや夫婦での暮らしができ、そこに住みながらデイサービス、訪問介護などのサービスを利用することができます。グループホーム、軽費老人ホームは公的に運営されている施設で、特別養護老人ホームなどより地域密着型となっています。介護施設は様々な種類ができ、利用する人も選びやすくなりました。今後の人生が楽しめるよう自分や家族に合った施設を選びましょう。

Copyright© 2016 多くの人が利用するケアネットメッセンジャーの魅力 All Rights Reserved.