オススメリンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
薬

日本はがん大国と呼ばれるほどがんの発症率が高い国です。
日本三大疾患にはがん、心疾患、脳血管疾患と並んでいて、がんはその中でも1番死因のひとつになっています。
がんという病名を聞いたことがないという方はいないというくらい、がんは有名な病気のひとつです。
治療方法は主に三大療法と呼ばれる方法で行われ、その三つは手術療法、化学療法、放射線療法です。
手術療法は実際にがんの病巣を取り除くといったシンプルな療法で、その周辺部分に転移が見られたり、ある程度進行していて取り除けるような大きさの腫瘍であれば手術療法が積極的におこなわれます。
手術療法のメリットとしては、腫瘍が一気に取れることと転移を見逃していなければ、完治しやすいということがあげられます。
ただ身体にメスを入れるために、傷がつくことが避けられませんが、最近は切除する範囲を出来るだけ最小限にした手法や、内視鏡を用いて身体への負担を軽減するといった手術療法が進んでいます。

化学療法は主に抗ガン剤治療の事を指します。抗ガン剤によってがん細胞を死滅させたり、がん細胞の増殖を抑えたりする治療方法です。
抗ガン剤の投与方法は点滴または注射、内服によるものが殆どです。
抗ガン剤治療は血液によって全身に送られるので小さいがん細胞にも直接的に効き目があります。
しかしながら、その分健康な細胞にも悪影響を与えることが見られるためにさまざまな副作用が引き起こされることがあります。
その副作用とは、脱毛や倦怠感、吐き気やしびれなどでがあげられますが、人によって副作用の症状も重さも人それぞれです。

放射線療法は病巣部に放射線を照射してがん細胞を死滅させるといった効果があります。
がんの大きさや位置を正確に測りその部分だけ正確に当てることが可能なので、抗ガン剤療法とは異なり健康な細胞への影響が少なくて済みます。
放射線療法によって照射部分へ炎症やかゆみ、吐き気、下痢、脱毛などの症状が見られることもあります。

この三大療法の他にも免疫細胞療法という治療方法もあります。
免疫細胞療法は自分の免疫細胞を使用してがん細胞を攻撃するという治療方法です。
詳しく言うと、自分の血液を採取し免疫細胞体外へ取り出し、専用の培養液などの薬剤を加えながら増殖させます。
それを体外で強化したりを行い、生理食塩水とともに点滴を通して体内に戻し、がん細胞を攻撃しようという治療方法になります。
この免疫細胞療法はもともと自分の体内にある細胞を用いるので、他の治療方法に比べて副作用が少なくて済みます。